スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dear Basketball

 30,2015 13:26
親愛なるバスケットボールへ


幼き頃、私は父のソックスを丸めてイメージを描きながらシュートを打ち始めるようになった。ザ・フォーラムアリーナでウイニングショットを放つ自分の姿を思い描いて。その時からだった、とある一つの想いに気がついたのは。

私は貴方に恋をした。

私は自分の深い愛情全てを貴方へと捧げた。

6歳の少年は、貴方のことしか考えられなかった。トンネルの出口を見る事は決してせずに、ただひたすら自分自身に集中していた、その想いが絶えず駆け巡るように。

それから私は走った。貴方の為に、ルーズボールを追う為に全てのコートにおいて行ったり来たりと走り回った。
貴方は私の熱い想いに問いかけ、
それから私は自分のハートを捧げた
とても多くのものを感じ取れていたから。

どんな時であろうと私はプレイした
それは挑戦が私を駆り立てたのではなく
"貴方"が私を駆り立ててくれたから。
貴方の為に全てをこなした
そうやって互いに互いを高め合い生き生きとさせていくことが、貴方の大きな役割だったからだ。

貴方は6歳の少年に、レイカーになるんだという夢を与えてくれた
そうしてくれた為にも、私はこれからも変わりなく貴方を愛し続ける。
しかしもうこれ以上盲目的に貴方を愛することは出来ない。
このシーズンというのは託していく為のものだ。
私のハートなら力強く脈打つ事が出来るし
私のメンタルなら辛い仕事さえも上手くやりこなせる
しかし私の身体だけは、別れを告げる時を悟ったようだ。

それは問題ではない
貴方との別れの準備は出来ているというのを、今貴方に知って欲しい。
そうして互いにこれから終わりへと向かって行くその一時一時を味わうことが出来る
良き事もそうでない事も。
私達は互いに持つものを分かち合えたのだから。

そしてまた、私がこの先いかなることをしようとも、共に私達は変わらない
私はこれからも変わず夢を抱いていたあの頃の私だ
丸められたソックスを手に
コーナーにあるゴミ箱目掛けて
試合時間は残り5秒
託されたボールを手に
5 … 4 … 3 … 2 … 1 …


貴方への愛を心より込めて
コービーより
スポンサーサイト

Comment - 1

2017.05.12
Fri
09:42

 #

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

編集 | 返信 | 

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。